sublogo

人獣共通感染症リサーチセンター

詳細

人獣共通感染症リサーチセンターオープニングセミナーが北大学術交流会館大講堂にて開催されました。

オープニングセミナー
~人獣共通感染症の克服を目指して~

●日時:12月19日(月) 9時10分~15時40分
●場所:北海道大学学術交流会館2F大講堂(312名収容可)
●発表者:喜田センター長、センター教員 計11名

プログラム

9:10~9:20:開会の辞
センター長 喜田 宏

9:20~10:55 Session1:ウイルス1
座長 有川二郎(医学研究科)、堀内基広(獣医学研究科)

9:20~ インフルエンザウイルスの生態
喜田 宏
10:05~ 人獣共通感染症の計算機を用いた先回り予防に関する基礎研究
国際疫学部門 伊藤公人

10:30~ ハンタウイルスの疫学的研究
国際協力・教育部門 中村一郎

10:55~11:05 休憩 (10分)

11:05~12:20 Session2:ウイルス2
座長 有川二郎(医学研究科)、堀内基広(獣医学研究科)

11:05~ ウイルスの細胞内動態に関する研究とウイルスと宿主因子との関連について
分子病態・診断部門 澤 洋文

11:30~ エボラウイルスの宿主域と病原性
国際疫学部門 高田礼人

11:55~ ウマヘルペスウイルス1型脳脊髄炎の病理発生-脳微小血管内皮細胞培養系を用いたアプローチ-
分子病態・診断部門 木村享史

12:20~13:15 昼休み (55分)

13:15~14:30Session3:免疫
座長 瀬谷 司(医学研究科)、志田壽利(遺伝子病制御研究所)

13:15~ 免疫系を中心とした宿主細胞の新規アポトーシス誘導機構
バイオリソース部門 宮崎忠昭

13:40~ B細胞の免疫系維持に関わる受容体BAFF-Rを介したシグナル伝達機構の解析
バイオリソース部門 岩井 淳

14:05~ CD40を介した樹状細胞活性化とキラーT細胞誘導の制御
国際協力・教育部門 梶野喜一

14:30~14:40 休憩 (10分)

14:40~15:30Session4:原虫と細菌
座長 瀬谷 司(医学研究科)、志田壽利(遺伝子病制御研究所)

14:40~ アフリカにおける人と家畜の原虫感染症
国際協力・教育部門 杉本千尋

15:05~ 結核菌薬剤耐性迅速診断
国際疫学部門 鈴木定彦

15:30~15:40:閉会の辞
獣医学研究科長 梅村 孝司

●~アルバム~平成17年12月19日(月)



●懇親会 (定山渓ホテルにて)

2005.12.19