sublogo

人獣共通感染症リサーチセンター

生物製剤研究開発室

生物製剤研究開発室

生物製剤研究開発室では、ウイルス感染症に対する治療薬やワクチンの開発と実用化のための研究を行います。季節性インフルエンザワクチンとして現在使用されているスプリットワクチンは、副反応(実は免疫応答であることが明らかになっている)を起こさないことに主眼が置かれ、免疫力価を犠牲にして開発されたものです。より高い免疫力価をもつ全粒子ワクチンを実用化することで、季節性インフルエンザだけでなく、パンデミックインフルエンザにも備えることが可能になると期待されます。その為に、世界基準の季節性インフルエンザワクチンの開発と実用化に向けた研究を行います。また、インフルエンザだけでなく、近年問題となっているデング熱、エボラ出血熱、B型肝炎に対する新たな治療薬や、ワクチンアジュバントの研究と開発も行います。

詳しい情報を見る