sublogo

人獣共通感染症リサーチセンター

国際協力・教育部門Division of Collaboration and Education

病原微生物制圧の地平をめざして
アジア・アフリカのフィールドから

国際協力・教育部門では人獣共通感染症病原体の生態を探るフィールドワークや感染症の免疫、さらにゲノム研究まで幅広い分野で研究を行っています。特にウガンダ、ザンビアなど東南部アフリカ諸国の研究機関、大学と共同で、人と動物の原虫病(トリパノソーマ、タイレリア)とそれらのベクター(ツェツェバエ、マダニ)の分子疫学、ゲノム機能研究、および出血熱ウイルスの分子生態学的研究を行っています。また人獣共通感染症に対するワクチン開発に不可欠な基礎免疫学的研究、特に抗原提示細胞の免疫応答における役割について研究を進めています。

詳しい情報を見る