sublogo

人獣共通感染症リサーチセンター

分子病態・診断部門Division of Molecular Pathobiology

ミクロからマクロまでー疫学調査、モデルマウスの解析から細胞生物学までー

私達の研究室は、分子生物学的手法・細胞生物学的手法をもちいて、またマウスモデルの解析を介して、フラビウイルスなどの蚊媒介性ウイルス、狂犬病ウイルス等のウイルス蛋白質ならびにそれらと相互作用する宿主分子の機能を解析しています。ウイルス病原性の分子機序を解明すると共に、得られた基礎的事実に基づいて神経向性ウイルス感染症の予防法と治療法を開発する事を目指し研究を進めています。また、ウイルスの生活環を解明するために、主にアフリカのザンビアでの疫学調査を活発に行っています。

詳しい情報を見る

staffbar

教授
澤 洋文
講師
大場 靖子
特任助教
佐々木 道仁