time

北海道大学 > 人獣共通感染症国際共同研究所 > 国際疫学部門 > メンバー紹介> 五十嵐 学

五十嵐 学 (IGARASHI, Manabu)

連絡先

住所:〒001-0020 札幌市北区北20条西10丁目
TEL:011-706-7314
FAX:011-706-7310
e-mail:igarashi@czc.hokudai.ac.jp(@は全角になっています)



学 歴

平成元年 3月31日 札幌市立札苗中学校 卒業
平成 4年 3月31日 北海道札幌開成高等学校 卒業
平成 5年 4月 1日 北海道大学理II系 入学
平成 9年 3月25日 北海道大学工学部 合成化学工学科 卒業
平成 9年 4月 1日 北海道大学大学院工学研究科 修士課程(分子化学専攻)入学
平成12年 3月24日     同      修了
平成12年 4月 1日 北海道大学大学院医学研究科 博士課程(生体機能学専攻)入学
平成16年 3月25日     同      修了    博士(医学)



職 歴(研究歴)

平成13年 4月 1日 北海道大学大学院医学研究科 分子生化学講座 日本学術振興会特別研究員(DC1)(~平成16年3月)
平成16年 4月 1日 北海道大学大学院医学研究科 予防医学講座 学術研究員(~平成17年12月)
平成17年12月 5日 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター 国際疫学部門 学術研究員(~平成18年3月)
平成18年 4月 1日 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター 国際疫学部門 博士研究員(~平成22年12月)
平成23年 1月 1日 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター バイオインフォマティクス部門 特任助教(~平成26年6月)
平成23年 1月 1日 北海道大学大学院獣医学研究科 獣医学専攻人獣共通感染症学講座(協力講座) 特任助教(~平成26年6月)
平成26年 7月 1日 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター 国際疫学部門 准教授(~現在)
平成26年 7月 1日 北海道大学大学院獣医学研究科 獣医学専攻人獣共通感染症学講座(協力講座) 准教授(~現在)
平成27年 4月 1日 北海道大学国際連携研究教育局 准教授(~現在)
平成27年 4月 1日 北海道大学電子科学研究所附属社会創造数学研究センター 准教授(兼務)(~現在)

その間、
平成27年 9月30日 鹿児島大学共同獣医学部 非常勤講師(兼務)(~平成28年3月)
平成28年10月 1日 京都大学ウイルス・再生医科学研究所 非常勤講師(兼務)(~平成29年3月)



ウェブサイト
ReaD & Researchmap, Google Scholar Citations, Thomson Reuters ResearchID



研究業績

原著論文

2017
  1. Eyer L, Kondo H, Zouharova D, Hirano M, Valdés JJ, Muto M, Kastl T, Kobayashi S, Haviernik J, Igarashi M, Kariwa H, Vaculovicova M, Cerny J, Kizek R, Kröger A, Lienenklaus S, Dejmek M, Nencka R, Palus M, Salat J, De Clercq E, Yoshii K, Ruzek D. (2017) Escape of tick-borne flavivirus from 2' -C-methylated nucleoside antivirals is mediated by a single conservative mutation in NS5 that has a dramatic effect on viral fitness. J Virol, in press.
  2. Fukuhara T, Tamura T, Ono C, Shiokawa M, Mori H, Uemura K, Yamamoto S, Kurihara T, Okamoto T, Suzuki R, Yoshii K, Kurosu T, Igarashi M, Aoki H, Sakoda Y, Matsuura Y. (2017) Host-derived apolipoproteins play comparable roles with viral secretory proteins Erns and NS1 in the infectious particle formation of Flaviviridae. PLoS Pathog, 13(6): e1006475.
  3. Tsuda Y, Igarashi M, Ito R, Nishio S, Shimizu K, Yoshimatsu K, Arikawa J. (2017) The amino acid at position 624 in the glycoprotein of SFTSV (severe fever with thrombocytopenia virus) plays a critical role in low-pH-dependent cell fusion activity. Biomed Res, 38(2): 89-97.
  4. Nao N, Yamagishi J, Miyamoto H, Igarashi M, Manzoor R, Ohnuma A, Tsuda Y, Furuyama W, Shigeno A, Kajihara M, Kishida N, Yoshida R, Takada A. (2017) Genetic Predisposition To Acquire a Polybasic Cleavage Site for Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Hemagglutinin. MBio, 8(1). pii: e02298-16.

2016
  1. Furuyama W, Marzi A, Carmody AB, Maruyama J, Kuroda M, Miyamoto H, Nanbo A, Manzoor R, Yoshida R, Igarashi M, Feldmann H, Takada A. (2016) Fcγ-receptor IIa-mediated Src Signaling Pathway Is Essential for the Antibody-Dependent Enhancement of Ebola Virus Infection. PLoS Pathog, 12(12): e1006139.
  2. Furuyama W, Marzi A, Nanbo A, Haddock E, Maruyama J, Miyamoto H, Igarashi M, Yoshida R, Noyori O, Feldmann H, Takada A. (2016) Discovery of an antibody for pan-ebolavirus therapy. Sci Rep, 6: 20514.
  3. Maruyama J, Nao N, Miyamoto H, Maeda K, Ogawa H, Yoshida R, Igarashi M, Takada A. (2016) Characterization of the glycoproteins of bat-derived influenza viruses. Virology, 488: 43-50.
  4. Hiono T, Okamatsu M, Igarashi M, McBride R, de Vries RP, Peng W, Paulson JC, Sakoda Y, Kida H. (2016) Amino acid residues at positions 222 and 227 of the hemagglutinin together with the neuraminidase determine binding of H5 avian influenza viruses to sialyl Lewis X. Arch Virol, 161(2): 307-316.

2015
  1. Nao N, Kajihara M, Manzoor R, Maruyama J, Yoshida R, Muramatsu M, Miyamoto H, Igarashi M, Eguchi N, Sato M, Kondoh T, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H, Takada A. (2015) A Single Amino Acid in the M1 Protein Responsible for the Different Pathogenic Potentials of H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Strains. PLoS One, 10(9): e0137989.
  2. Itoh Y, Shichinohe S, Nakayama M, Igarashi M, Ishii A, Ishigaki H, Ishida H, Kitagawa N, Sasamura T, Shiohara M, Doi M, Tsuchiya H, Nakamura S, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H, Ogasawara K. (2015) Emergence of H7N9 Influenza A Virus Resistant to Neuraminidase Inhibitors in Nonhuman Primates. Antimicrob Agents Chemother, 59(8): 4962-4973.
  3. Tamura T, Ruggli N, Nagashima N, Okamatsu M, Igarashi M, Mine J, Hofmann MA, Liniger M, Summerfield A, Kida H, Sakoda Y. (2015) Intracellular membrane association of the N-terminal domain of classical swine fever virus NS4B determines viral genome replication and virulence. J Gen Virol, 96(9): 2623-2635.
  4. Ogawa H, Miyamoto H, Nakayama E, Yoshida R, Nakamura I, Sawa H, Ishii A, Thomas Y, Nakagawa E, Matsuno K, Kajihara M, Maruyama J, Nao N, Muramatsu M, Kuroda M, Simulundu E, Changula K, Hang'ombe B, Namangala B, Nambota A, Katampi J, Igarashi M, Ito K, Feldmann H, Sugimoto C, Moonga L, Mweene A, Takada A. (2015) Seroepidemiological Prevalence of Multiple Species of Filoviruses in Fruit Bats (Eidolon helvum) Migrating in Africa. J Infect Dis, 212 Suppl 2: S101-108.
  5. Ozawa M, Matsuu A, Yonezawa K, Igarashi M, Okuya K, Kawabata T, Ito K, Tsukiyama-Kohara K, Taneno A, Deguchi E. (2015) Efficient isolation of Swine influenza viruses by age-targeted specimen collection. J Clin Microbiol, 53(4): 1331-1338.

2014
  1. Itoh Y, Yoshida R, Shichinohe S, Higuchi M, Ishigaki H, Nakayama M, Pham VL, Ishida H, Kitano M, Arikata M, Kitagawa N, Mitsuishi Y, Ogasawara K, Tsuchiya H, Hiono T, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H, Ito M, Quynh Mai L, Kawaoka Y, Miyamoto H, Ishijima M, Igarashi M, Suzuki Y, Takada A. (2014) Protective efficacy of passive immunization with monoclonal antibodies in animal models of H5N1 highly pathogenic avian influenza virus infection. PLoS Pathog, 10(6): e1004192.
  2. Yoshii K, Sunden Y, Yokozawa K, Igarashi M, Kariwa H, Holbrook MR, Takashima I. (2014) A Critical Determinant of Neurological Disease Associated with Highly Pathogenic Tick-borne Flavivirus in Mice. J Virol, 88(10): 5406-5420.

2013
  1. Nakao R, Qiu Y, Igarashi M, Magona JW, Zhou L, Ito K, Sugimoto C. (2013) High prevalence of spotted fever group rickettsiae in Amblyomma variegatum from Uganda and their identification using sizes of intergenic spacers. Ticks and Tick-Borne Disease, 4(6): 506-512.
  2. Kobayashi S, Suzuki T, Igarashi M, Orba Y, Ohtake N, Nagakawa K, Niikura K, Kimura T, Kasamatsu H, Sawa H. (2013) Cysteine Residues in the Major Capsid Protein, Vp1, of the JC Virus Are Important for Protein Stability and Oligomer Formation. PLoS One, 8(10): e76668.
  3. Noyori O, Matsuno K, Kajihara M, Nakayama E, Igarashi M, Kuroda M, Isoda N, Yoshida R, Takada A. (2013) Differential potential for envelope glycoprotein-mediated steric shielding of host cell surface proteins among filoviruses. Virology, 446(1-2): 152-161.
  4. Motohashi Y*, Igarashi M*, Okamatsu M, Noshi T, Sakoda Y, Yamamoto N, Ito K, Yoshida R, Kida H. (2013) Antiviral activity of stachyflin on influenza A viruses of different hemagglutinin subtypes. Virol J, 10: 118.
    (* These authors contributed equally to this work and share first authorship.)
  5. Yonezawa K, Igarashi M, Ueno K, Takada A, Ito K. (2013) Resampling nucleotide sequences with closest-neighbor trimming and its comparison to other methods. PLoS One, 8(2): e57684.
  6. Kajihara M, Nakayama E, Marzi A, Igarashi M, Feldmann H, Takada A. (2013) Novel mutations in Marburg virus glycoprotein associated with viral evasion from antibody-mediated immune pressure. J Gen Virol, 94(4): 876-883.
  7. Takano R*, Kiso M*, Igarashi M*, Le QM, Sekijima M, Ito K, Takada A, Kawaoka Y. (2013) Molecular mechanisms underlying oseltamivir resistance mediated by an I117V substitution in the NA of H5N1 avian influenza viruses. J Infect Dis, 207(1): 89-97.
    (* These authors contributed equally to this work and share first authorship.)

2012
  1. Nidom CA, Nakayama E, Nidom RV, Alamudi MY, Daulay S, Dharmayanti IN, Dachlan YP, Amin M, Igarashi M, Miyamoto H, Yoshida R, Takada A. (2012) Serological evidence of ebola virus infection in indonesian orangutans. PLoS One, 7(7): e40740.
  2. Nakahara KS, Masuta C, Yamada S, Shimura H, Kashihara Y, Wada TS, Meguro A, Goto K, Tadamura K, Sueda K, Sekiguchi T, Shao J, Itchoda N, Matsumura T, Igarashi M, Ito K, Carthew RW, Uyeda I. (2012) Tobacco calmodulin-like protein provides secondary defense by binding to and directing degradation of virus RNA silencing suppressors. Proc Natl Acad Sci U S A, 109(25): 10113-10118.
  3. Marzi A, Yoshida R, Miyamoto H, Ishijima M, Suzuki Y, Higuchi M, Matsuyama Y, Igarashi M, Nakayama E, Kuroda M, Saijo M, Feldmann F, Brining D, Feldmann H, Takada A. (2012) Protective Efficacy of Neutralizing Monoclonal Antibodies in a Nonhuman Primate Model of Ebola Hemorrhagic Fever. PLoS One, 7(4): e36192.
  4. Nagakawa K, Niikura K, Suzuki T, Matsuo Y, Igarashi M, Sawa H, Ijiro K. (2012) Virus Capsid Coating of Gold Nanoparticles via Cysteine-Au Interactions and their Effective Cellular Uptakes. Chem Lett, 41(1): 113-115.
  5. Yoshii K, Igarashi M, Ichii O, Yokozawa K, Ito K, Kariwa H, Takashima I. (2012) A Conserved Region in the PrM Protein Is a Critical Determinant in the Assembly of Flavivirus Particles. J Gen Virol, 93: 27-38.

2011
  1. Ito K, Igarashi M, Miyazaki Y, Murakami T, Iida S, Kida H, Takada A. (2011) Gnarled-Trunk Evolutionary Model of Influenza A Virus Hemagglutinin. PLoS One, 6(10): e25953.
  2. Sasaki M, Kim E, Igarashi M, Ito K, Hasebe R, Fukushi H, Sawa H, Kimura T. (2011) Single amino acid residue in the A2 domain of major histocompatibility complex class I is involved in the efficiency of equine herpesvirus-1 entry. J Biol Chem., 286: 39370-39378.
  3. Kajihara M, Matsuno K, Simulundu E, Muramatsu M, Noyori O, Manzoor R, Nakayama E, Igarashi M, Tomabechi D, Yoshida R, Okamatsu M, Sakoda Y, Ito K, Kida H, Takada A. (2011) An H5N1 highly pathogenic avian influenza virus that invaded Japan through waterfowl migration. Jpn J Vet Res., 59: 89-100.
  4. Simulundu E, Ishii A, Igarashi M, Mweene A, Suzuki Y, M. Hang'ombe B, Namangala B, Moonga L, Manzoor R, Ito K, Nakamura I, Sawa H, Sugimoto C, Kida H, Simukonda C, Chansa W, Chulu J, Takada A. (2011) Characterization of influenza A viruses isolated from wild waterfowls in Zambia. J Gen Virol., 92: 1416-1427.
  5. Usami K, Matsuno K, Igarashi M, Denda-Nagai K, Takada A, Irimura T. (2011) Involvement of viral envelope GP2 in Ebola virus entry into cells expressing the macrophage galactose-type C-type lectin. Biochem Biophys Res Commun, 407(1): 74-78.
  6. Uchida Y, Kanehira K, Mase M, Takemae N, Watanabe C, Usui T, Fujimoto Y, Ito T, Igarashi M, Ito K, Takada A, Sakoda Y, Okamatsu M, Yamamoto Y, Nakamura K, Kida H, Hiromoto Y, Tsuda T, Saito T. (2011) Genetic characterization and susceptibility on poultry and mammal of H7N6 subtype avian influenza virus isolated in Japan in 2009. Vet Microbiol., 147(1-2): 1-10.
  7. Yoshii K, Igarashi M, Ito K, Kariwa H, Holbrook M, Takashima I. (2011) Construction of an infectious cDNA clone for Omsk Hemorrhagic fever virus, and characterization of mutations in NS2A and NS5. Virus Research,155(1): 61-68.

2010
  1. Nakayama E, Yokoyama A, Miyamoto H, Igarashi M, Kishida N, Matsuno K, Marzi A, Feldmann H, Ito K, Saijo M, Takada A. (2010) Enzyme-linked immunosorbent assay for the detection of filovirus species-specific antibodies. Clinical and Vaccine Immunology, 17(11): 1723-1728.
  2. Hasebe R, Suzuki T, Makino Y, Igarashi M, Yamanouchi S, Maeda A, Horiuchi M, Sawa H, Kimura T. (2010) Transcellular transport of West Nile virus-like particles across human endothelial cells depends on residues 156 and 159 of envelope protein. BMC Microbiol., 10(1): 165.
  3. Matsuno K, Kishida N, Usami K, Igarashi M, Yoshida R, Nakayama E, Shimojima M, Feldmann H, Irimura T, Kawaoka Y, Takada A. (2010) Different potential of C-type lectin-mediated entry between Marburg virus strains. J. Virol, 84(10): 5140-5147.
  4. Watanabe Y, Hiraoka W, Igarashi M, Ito K, Shimoyama Y, Horiutchi M, Yamamori T, Yasui H, Kuwabara M, Inagaki F, Inanami O. (2010) A novel copper(II) coordination at His186 in full-length murine prion protein. Biochem Biophys Res Commun, 394(3): 522-528.
  5. Igarashi M, Ito K, Yoshida R, Tomabechi D, Kida H Takada A. (2010) Predicting the Antigenic Structure of the Pandemic (H1N1) 2009 Influenza Virus Hemagglutinin. PLoS One, 5(1): e8553.

2009
  1. Yoshida R, Igarashi M, Ozaki H, Kishida N, Tomabechi D, Kida H, Ito K, Takada A. (2009) Cross-Protective Potential of a Novel Monoclonal Antibody Directed against Antigenic Site B of the Hemagglutinin of Influenza A Viruses. PLoS Pathog, 5(3): e1000350.

2008
  1. Igarashi M, Ito K, Kida H, Takada A. (2008) Genetically destined potentials for N-linked glycosylation of influenza virus hemagglutinin. Virology, 376: 323-329.

2006
  1. Ito K, Igarashi M, Takada A. (2006) Data Mining in Amino Acid Sequences of H3N2 Influenza Viruses Isolated during 1968 to 2006. Knowledge Media Technologies., 154-158.
  2. Tachikawa H, Igarashi M (2006) Direct ab initio molecular dynamics study on a SN2 reaction OH- + CH3Cl → CH3OH + Cl-: Effect of non-zero impact parameter on the reaction dynamics. Chem. Phys., 31: 639-646.

2005
  1. Matibag G, Igarashi M, La Porte R, Tamashiro H. (2005) Advocacy, Promotion and e-Learning: Supercourse for Zoonosis. Environ. Health Prev. Med., 10, 273-281.
  2. Matibag G, Igarashi M, Tamashiro H. (2005) BSE Safety Standards:An Evaluation of Public Health Policies of Japan, Europe, and USA. Environ. Health Prev. Med., 10: 303-314.
  3. Akazawa S, Igarashi M, Sawa H, Tamashiro H. (2005) Strategic Approach to Information Security and Assurance in Epidemiological Research. Environ. Health Prev. Med., 10: 282-285.
  4. Tachikawa H, Igarashi M, Nishihira J, Ishibashi T. (2005) Ab initio model study on acetylcholinesterase catalysis: potential energy surfaces of the proton transfer reactions. J. Photoch. Photobio. B, 79(1): 11-23.
  5. 神田浩路、Chowdhury A.B.M.A.、Eskandarieh Sharareh、宇佐美香織、廣岡憲造、増地あゆみ、五十嵐学、玉城英彦 (2005) 札幌市における若者の性感染症に対する意識調査 日本エイズ学会誌、7(4)、354

2003
  1. Igarashi M, Ishibashi T, Nishihira J, Tachikawa H. (2003) Energetics of Catalytic Reaction of Acetylcholinesterase (AChE) with Acetylcholine (ACh): Role of Oxyanion Hole. Internet Electronic Journal of Molecular Design, 2: 712-722.
  2. Tachikawa H, Igarashi M, Ishibashi T. (2003) Ionization Dynamics of trans-Formanilide-H2O Complexes: A Direct ab Initio Dynamics Study. J. Phys. Chem. A, 107: 7505-7513.

2002
  1. Tachikawa H, Igarashi M, Ishibashi T. (2002) A direct ab-initio trajectory study on the gas phase SN2 reaction OH- + CH3Cl → CH3OH + Cl-. J. Phys. Chem. A, 106: 10977-10984.
  2. Tachikawa H, Igarashi M, Ishibashi T. (2002) Direct ab-initio Trajectory Study on a microsolvated SN2 reaction F-(H2O) + CH3Cl at hyperthermal collision energy. Chem. Phys. Lett., 363: 355-361.

  3. Igarashi M, Ishibashi T, Tachikawa H. (2002) A direct ab initio molecular dynamics study of the finite temperature effects on the hyperfine coupling constant of methyl radical-water complexes. J. Mol. Struct. (THEOCHEM), 594: 61-69.
  4. Tachikawa H, Igarashi M, Ishibashi T. (2002) Ab initio molecular dynamics (MD) calculations of hyperfine coupling constants of methyl radical. Chem. Phys. Lett., 352: 113-119.

2001
  1. Tachikawa H, Igarashi M, Ishibashi T. (2001) Vibrational frequency-shifts of H2O caused by complex formation with a molecular cation: A density Functional Study. Phys. Chem. Chem. Phys., 3: 3052-3056.

2000
  1. Igarashi M, Tachikawa H. (2000) Direct ab-initio dynamics study of the photoelectron detachment processes of the H3O- anion. Int. J. Mass Spectrom., 197: 243-252.
  2. 阿部和厚、五十嵐学 (2000) 北海道大学映像教材データベース作成案 高等教育ジャーナル、8、79-84.

1999
  1. Tachikawa H, Igarashi M. (1999) A Direct ab-initio dynamics Study on a gas phase SN2 reaction F- + CH3Cl → FCH3 + Cl-. : Dynamics of near-collinear collision. Chem. Phys. Lett., 303: 81-86.

1998
  1. Igarashi M, Tachikawa H. (1998) An ab-initio MO Study on the Gas Phase SN2 reaction F- + CH3Cl → FCH3 + Cl-. Int. J. Mass Spectrom., 181: 151-157.
  2. Tachikawa H, Hamabayashi T, Igarashi M. (1998) Collision Energy- and Spin-orbit coupling- dependence of Quenching Probability in the Electronic Energy Transfer Reaction S(1D) + CO → S(3P) + CO(v,J). J. Mol. Struct. (THEOCHEM), 453: 191-196.
  3. Tachikawa H, Igarashi M, Komaguchi K. (1998) Formation Mechanism of CCl4- Anion in Condensed Phase: A direct ab-initio dynamics study. Int. J. Mass Spectrom Ion Process., 177: 17-21.
  4. Tachikawa H, Igarashi M. (1998) Dynamics of the Ionization Processes of Benzene-H2O Clusters: A direct ab-initio Dynamics Study. J. Phys. Chem. A, 102, 8648-8656.



特許

  1. 増田健一,齊藤隆,石井保之,高田礼人,五十嵐学,丸山隼輝,齋藤祐介,奈良拓也. (2016). 免疫誘導剤,平成28年11月4日,特願2016-216753.

  2. 増田健一,齊藤隆,石井保之,高田礼人,五十嵐学,丸山隼輝,齋藤祐介,奈良拓也. (2016). エボラウイルスワクチン. 平成28年9月27日. 特願2016-188897.

  3. 樋口恵、 鈴木定彦、高田礼人、喜田宏、吉田玲子、五十嵐学、宮本洋子. (2009). H5亜型インフルエンザウイルスに対する抗体およびその利用. 特願2009-275367.



総説・解説・Proceedingsなど

    (和文)
  1. 古山若呼、吉田玲子、五十嵐学、高田礼人:エボラ出血熱に対する治療法および診断法の開発. 化学療法の領域、33(5)、1098-1105、2017
  2. 五十嵐学:インフルエンザウイルスタンパク質の計算科学解析 (Antiviral Drugs Targeting Influenza Virus Surface Proteins: A Computational Structural Biology Approach). 薬学雑誌、135(9)、1015-1021、2015
  3. 五十嵐学、伊藤公人、高田礼人:バイオインフォマティクスを用いたインフルエンザウイルスヘマグルチニンの糖鎖付加ポテンシャルの予測 Glycomicrobiology Now、https://www.glycoforum.gr.jp/science/glycomicrobiology/glycoinfeJ.html、March 9、2009.
  4. 谷口剛、伊藤公人、五十嵐学、村上悌治、高田礼人、原口誠:インフルエンザウイルスの進化における共変異の変化の解析、情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学、135、185-192、2006
  5. 五十嵐学:DNAアプタマーは新たな抗インフルエンザ剤となりうるか?、ファルマシア、41(7):日本薬学会誌、698-699、2005.
  6. 玉城英彦、臼田寛、五十嵐学、河野公一:1976年に米国で問題化した豚インフルエンザ事件の今日的意義―予防原則と公衆衛生学的対策―、科学、75(5): 岩波書店、541-542、2005.
    (欧文)
  1. Igarashi M, Ito K, Yoshida R, Tomabechi D, Kida H, Takada A (2011) Prediction of the antigenic changes of the pandemic (H1N1) 2009 influenza virus hemagglutinin. Influenza and other respiratory viruses, 5 (supple. 1), 402-404.
  2. Kobayashi S, Suzuki T, Igarashi M, Ohtake N, Nagakawa K, Ito K, Niikura K, Kimura T, Kasamatsu H, Sawa H. (2010) Cys80 of JC Virus Capsid Protein, VP1 is Essential for Intrapentamer Disulfide Bond and Pentamer Formation. Journal of Neurovirology , 16, 45-46.
  3. Igarashi M, Ito K, Takada A. (2009) Prediction of N-glycosylation potential of influenza virus hemagglutinin by a bioinformatic approach. Glycomicrobiology Now, https://www.glycoforum.gr.jp/science/glycomicrobiology/glycoinfeE.html
  4. Yoshida R, Igarashi M, Kida H, Takada A. (2008) Heterosubtyoic Cross-Neutralization of Influenza A Viruses by a Novel Hemagglutination-Inhibiting Monoclonal Antibody. Options for the control of influenza VI, 255.
  5. Igarashi M, Ito K, Kida H, Takada A. (2008) Genetically destined potentials for N-linked glycosylation associated with antigenic changes of influenza virus hemagglutinin. Options for the control of influenza VI, 405.
  6. Kishida N, Igarashi M, Isoda N, Minari K, Sakoda Y, Kida H, Takada A. (2008) Identification of the Molecular Determinants Required for Duck H9N2 Influenza Virus Replication in Chickens. Options for the control of influenza VI, 549.



国際学会シンポジウム

  1. Tsuda Y, Igarashi M, Nishio S, Shimizu K, Takada A, Yoshimatsu K, Arikawa J: The amino acid at posison 624 of the glycoprotein of severe fever with thrombocytopenia syndrome virus plays a critical role in membrane fusion activity, ASV2017, Madison, Wisconsin, USA, June 24-28, 2017
  2. Igarashi M, Sekijima M, Yasuo N, Abe T, Yoshida R, Tokiwa H, Watabe T, Hirokawa T, Takada A: Computational analysis of a conformational epitope of a broadly neutralizing antibody in influenza A virus hemagglutinin, Options IX for the Control of Influenza, Chicago, Illinois, USA, August 24-28, 2016
  3. Hiono T, Okamatsu M, Igarashi M, McBride R, de Vries RP, Peng W, Paulson J, Sakoda Y, Kida H: Molecular analysis on receptor-binding of H5 influenza viruses to fucosylated α2,3 sialosides, Options IX for the Control of Influenza, Chicago, Illinois, USA, August 24-28, 2016
  4. Nao N, Yamagishi J, Miyamoto H, Ohnuma A, Furuyama W, Tsuda Y, Manzoor R, Yoshida R, Igarashi M, Takada A: A genetic basis for the acquisition of basic amino acid residues at the cleavage site of influenza virus hemagglutinin, Options IX for the Control of Influenza, Chicago, Illinois, USA, August 24-28, 2016
  5. Ishitsubo E, Hosozawa T, Igarashi M, Kirshner KN, Sriwilaijaroen N, Yokoe H, Tubuki M, Suzuki Y, Tokiwa H: Development of Novel Multi-target Inhibitor for HA & NA of Influenza Virus, Joint Meeting of the Society for Glycobiology (SFG) and the Japanse Society of Carbonhydrates Research (JSCR), Honolulu, Hawaii, USA, November 16-19, 2014
  6. Ishitsubo E, Hosozawa T, Igarashi M, Kirshner KN, Sriwilaijaroen N, Yokoe H, Tubuki M, Suzuki Y, Tokiwa H: Development of Novel Multi-target Inhibitor for HA & NA of Influenza Virus, 2nd International Conference on Pharma and Food, Shizuoka, Japan, November 5-6, 2014
  7. Ishitsubo E, Hosozawa T, Igarashi M, Yokoe H, Tubuki M, Tokiwa H: Rational Drug Design of Novel anti-Influenza inhibitors based on Fragment Orbital Method and MD Simulations, 3rd International Conference of Drug Design 2014, St Hilda's College, Oxford, UK, September 23-25, 2014
  8. Ishitsubo E, Hosozawa T, Igarashi M, Kirshner KN, Sriwilaijaroen N, Yokoe H, Tubuki M, Suzuki Y, Tokiwa H: Development of Novel Multi-target Inhibitor for HA & NA of Influenza Virus, International Symposium on Sialoglyco 2014, Gold Coast, Australia, September 7-10, 2014
  9. Ohnishi N, Muto M, Fujikura D, Igarashi M, Higashi H: de novo Designed Molecule to Develop Structure-Based Vaccine against Anthra, The 114th General Meeting of the American Society for Microbiology, Boston Convention & Exhibition Center, Boston, USA, May 17-20, 2014
  10. Yonezawa K, Igarashi M, Ito K: Resampling of Large Nucleotide Sequence Datasets of Viruses with Closest-Neighbor Trimming Method, The 21st Annual Conference of the Society for Molecular Biology and Evolution, Chicago, USA, July 7-11, 2013
  11. Yoshida R, Marzi A, Suzuki Y, Igarashi M, Feldmann F, Brining D, Feldmann H, Takada A:Protective Efficacy of Neutralizing Monoclonal Antibodies in a Nonhuman Primate Model of Ebola Hemorragic Fever, 15th International Negative Strand Virus Meeting, Granada, Spein, June 16-21, 2013
  12. Kajihara M, Marzi A, Nakayama E, Noda T, Igarashi M, Kuroda M, Manzoor R, Matsuno K, Feldmann H, Yoshida R, Kawaoka Y, Takada A:Antibody-mediated inhibition of Marburg virus budding, 15th International Negative Strand Virus Meeting, Granada, Spein, June 16-21, 2013
  13. Ito K, Igarashi M*, Takada A:A formula on the number of amino acid substiturions on the hemagglutinin molecules of H3N2 seasonal influenza viruses, 15th International Negative Strand Virus Meeting, Granada, Spein, June 16-21, 2013
    (* presenter)
  14. Sasaki M, Kim E, Igarashi M, Hasebe R, Sawa H, Ito K, Kimura T: A single amino acid residue in major histocompatibility complex class I is a determinant for its function as an equine herpesvirus-1 receptor, The 3rd International Young Researcher Seminar in Zoonosis Control 2011, Sapporo, Japan, September 16-17, 2011
  15. Yonezawa K, Ueno K, Igarashi M, Ito K: Reduction of Sampling Bias in Large Datasets by Systematic Trimming of Phylogenetic Trees, The 3rd International Young Researcher Seminar in Zoonosis Control 2011, Sapporo, Japan, September 16-17, 2011
  16. Kajihara M, Matsuno K, Simulundu E, Muramatsu M, Noyori O, Manzoor R, Nakayama E, Igarashi M, Tomabechi D, Yoshida R, Okamatsu M, Sakoda Y, Ito K, Kida H, Takada A: An H5N1 highly pathogenic avian influenza virus that invaded Japan through waterfowl migration, The 3rd International Young Researcher Seminar in Zoonosis Control 2011, Sapporo, Japan, September 16-17, 2011
  17. Igarashi M, Takada A, Kida H, Ito K: Dynamics of Sequence Variation in Antigenic Domains and Glycosylation Sites of Hemagglutinin of Human H3N2 Influenza Viruses, International Union of Microbiological Societies 2011 congress, Sapporo, Japan, September 11-16, 2011
  18. Sasaki M, Igarashi M, Sawa H, Hasebe R, Fukushi H, Kimura T: Single Amino Acid Residue in Equine Major Histocompatibility Complex Class I Is Critical for Its Function as An Equine Herpesvirus-1 Receptor, International Union of Microbiological Societies 2011 congress, Sapporo, Japan, September 11-16, 2011
  19. Kobayashi S, Suzuki T, Igarashi M, Ohtake N, Nagakawa K, Niikura K, Kimura T, Kasamatsu H, Sawa H: Cys80 of JC Virus Capsid Protein, VP1 Is Essential for Pentamer Formation, International Union of Microbiological Societies 2011 congress, Sapporo, Japan, September 11-16, 2011
  20. Yoshida R, Tomabechi D, Igarashi M, Miyamoto H, Yokoyama A, Kase T, Kida H, Takada A: Characterization of Monoclonal Antibodies against the 2009 Pandemic H1N1 Influenza Virus Hemagglutinin, International Union of Microbiological Societies 2011 congress, Sapporo, Japan, September 11-16, 2011
  21. Kajihara M, Matsuno K, Simulundu E, Muramatsu M, Noyori O, Manzoor R, Igarashi M, Okamatsu M, Sakoda Y, Kida H, Takada A: A Highly Pathogenic Avian Influenza Virus (H5N1) that Invaded Japan through Waterfowl Migration, International Union of Microbiological Societies 2011 congress, Sapporo, Japan, September 11-16, 2011
  22. Nakahara K, Masuta C, Yamada S, Shimura H, Wada T, Meguro A, Sueda K, Goto K, Igarashi M, Carthew R, Uyeda I: An Rgs-CAM-Mediated Countermeasure for RNAi-Based Antiviral Immunity in Tobacco, International Union of Microbiological Societies 2011 congress, Sapporo, Japan, September 11-16, 2011
  23. Nakayama E, Yokoyama A, Miyamoto H, Igarashi M, Kishida N, Matsuno K, Marzi A, Feldmann H, Ito K, Saijo M, Takada A: Enzyme-linked Immunosorbent Assay for the Detection of Filovirus Specie-Specific Antibodies, International Union of Microbiological Societies 2011 congress, Sapporo, Japan, September 11-16, 2011
  24. Kobayashi S, Suzuki T, Igarashi M, Ohtake N, Nakagawa K, Niikura K, Kimura T, Kasamatsu H, Sawa H: "Cys80 of JC virus capsid protein, VP1 is essential for intrape ntamer disulfide bond and pentamer formation, 10th International Symposium on NeuroVirology, Milan, Italy, October 12-16, 2011
  25. Ito K, Igarashi M, Miyazaki Y, Murakami T, Iida S, Kida H, Takada A: Gnarled-Trunk Evolutionary Model of Influenza A Virus Hemagglutinin, International Union of Microbiological Societies 2011 congress, Sapporo, Japan, September 11-16, 2011
  26. Igarashi M, Ito K, Yoshida R, Tomabechi D, Kida H, Takada A: Predicting of the Antigenic Change of the Pandemic (H1N1) 2009 Influenza Virus Hemagglutinin, The 2nd International Young Researcher Seminar in Zoonosis Control 2010, Sapporo, Japan, September 13-14, 2010
  27. Igarashi M, Ito K, Yoshida R, Tomabechi D, Kida H, Takada A:Prediction of the Antigenic Change of the Pandemic (H1N1) 2009 Influenza Virus Hemagglutinin, Options for the Control of Influenza VII , Hong Kong SAR, China, September 3-7, 2010
  28. Igarashi M, Ito K*, Kida H, Takada A:Prediction of Antigenic Structure of Hemagglutinin of Pandemic (H1N1) 2009 Influenza Virus, 14th International Negative Strand Virus Meeting, Bruges, Belgium, June 21-25, 2010
    (* presenter)
  29. Igarashi M: Prediction of N-glycosylation potential of influenza virus hemagglutinin:a bioinformatics approach, The 1st International Young Researcher Seminar in Zoonosis Control 2009, Niseko, August, 2009
  30. Igarashi M, Ito K, Kida H, Takada A:Genetically destined potentials for N-linked glycosylation of influenza virus hemagglutinin, Taiwan-Japan AI Prevention and Control Conference, Taiwan, May, 2008 (invitation)
  31. Igarashi M, Ito K, Kida H, Takada A:Genetically destined potentials for N-linked glycosylation associated with antigenic changes of influenza virus hemagglutinin, Options for the Control of Influenza VI, Tronto, Ontario, Canada, June, 2007
  32. Yoshida R, Igarashi M, Kida H, Takada A:Heterosubtyoic Cross-Neutralization of Influenza A Viruses by a Novel Hemagglutination-Inhibiting Monoclonal Antibody, Options for the Control of Influenza VI , Tronto, Ontario, Canada, June, 2007
  33. Kishida N, Igarashi M, Isoda N, Minari K, Sakoda Y, Kida H, Takada A:Identification of the Molecular Determinants Required for Duck H9N2 Influenza Virus Replication in Chickens, Options for the Control of Influenza VI , Tronto, Ontario, Canada, June, 2007
  34. Igarashi M, Ito K, Kida H, Takada A:A comprehensive computational analysis of antigenic properties of influenza virus H3 hemagglutinins in the past 37 years, the Asian Research Forum on Emerging and Reemerging Infections 2007, Nagasaki, Japan, January, 2007
  35. Ito K, Igarashi M, Takada A:Data Mining in Amino Acid Sequences of H3N2 Influenza Viruses Isolated during 1968 to 2006, Core-to-Core Workshop, Germany, July, 2006
  36. Ito K, Igarashi M, Kida H, Takada A:Computer Analysis of Structural Changes in H3 Hemagglutinins of Human Influenza Viruses isolated during 1968 to 2006, 13th International Conference - Negative Strand Viruses 2006 (NSV 2006), Salamanca, Spain, June, 2006
  37. Matibag G, Igarashi M, Tamashiro H:BSE Safety Standards of Japan, Europe and USA, IEA World Congress of Epidemiology (WCE 2005), Bangkok, Thailand, August, 2005
  38. Hirooka K, Usami K, Majima Y, Igarashi M, Matibag G, Maekawa I, Kudo S, Imai M, Tamashiro H:A Web-based Survey on the Needs of HIV Counseling and Testing Program in Hokkaido Japan (2) - Effect of HIV Knowledge on Subjects' HIV Testing Pursuit -, the 7th International Congress on AIDS in Asia and the Pacific (ICAAP), Kobe, Japan, July, 2005
  39. Usami K, Hirooka K, Igarashi M, Katsumata Y, Matibag G, Maekawa I, Kudo S, Imai M, Tamashiro H:A Web-based Survey on the Needs of HIV Counseling and Testing Program in Hokkaido Japan (1) - Difference in needs by age -, the 7th International Congress on AIDS in Asia and the Pacific (ICAAP), Kobe, Japan, July, 2005
  40. Majima Y, Hirooka K, Usami K, Igarashi M, Matibag G, Maekawa I, Tamashiro H:A Web-based Survey on the needs of Sexual Education in Hokkaido - The relationship between the needs for education and gender type -, the 7th International Congress on AIDS in Asia and the Pacific (ICAAP), Kobe, Japan, July, 2005



国内学会シンポジウム

  1. 高舘佳弘、近藤達成、丸山隼輝、Manzoor Rashid、古山若呼、吉田玲子、五十嵐学、高田礼人:Niemann Pick C-1の多型によるエボラおよびマールブルグウイルスに対するコウモリ細胞の感受性の違い、日本ウイルス学会北海道支部第51会夏季シンポジウム、北海道茅部郡、グリーンピア大沼、2017、7月8日
  2. 五十嵐学:計算科学的手法によるウイルスタンパク質の解析、日本生化学会北海道支部、日本生物物理学会北海道支部合同シンポジウム、北海道札幌市、北海道大学医学部学友会館フラテホール、2017、7月7日
  3. Nishigami K, Tsuda Y, Nishio S, Igarashi M, Yoshimatsu K, Arikawa J:Characterization of glycoprotein of Severe fever with thrombocytopenia syndrome virus、第64回日本ウイルス学会学術集会、北海道札幌市、札幌コンベンションセンター、2016、10月23日
  4. Nao N, Yamagishi J, Miyamoto H, Igarashi M, Manzoor R, Ohnuma A, Tsuda Y, Furuyama W, Kajihara M, Yoshida R, Takada A:Genetic Predisposition to Acquire a Polybasic Cleavage Site for Highly Pathogenic Avian Influenza Virus Hemagglutinin、第64回日本ウイルス学会学術集会、北海道札幌市、札幌コンベンションセンター、2016、10月23日
  5. Furuyama W, Marzi A, Nanbo A, Haddock E, Maruyama J, Miyamoto H, Igarashi M, Yoshida R, Noyori O, Feldmann H, Takada A:Generation of a cross-neutralizing monoclonal antibody against all known ebolavirus species、第64回日本ウイルス学会学術集会、北海道札幌市、札幌コンベンションセンター、2016、10月23日
  6. 五十嵐学:人獣共通感染症研究における計算科学の活用、第374回CBI学会講演会「感染症研究の将来~グローバルヘルスに貢献する創薬~」、東京都文京区、東京大学、2016、7月22日(招待)
  7. 五十嵐学、関嶋政和、安尾信明、阿部貴志、吉田玲子、渡部輝明、石坪江梨花、常盤広明、広川貴次、高田礼人:Computational analysis of common epitope recognized by a broadly neutralizing monoclonal antibody against influenza A virus hemagglutinin、第63回日本ウイルス学会学術集会、福岡市博多区、福岡国際会議場、2015、11月22日
  8. 丸山隼輝、直亨則、宮本洋子、前田健、小川寛人、吉田玲子、五十嵐学、高田礼人:Characterization of the glycoproteins of bat-derived influenza viruses(コウモリ由来インフルエンザ様ウイルスの糖タンパク質の解析)、第63回日本ウイルス学会学術集会、福岡市博多区、福岡国際会議場、2015、11月22日
  9. 日尾野隆大、岡松正敏、五十嵐学、McBride R、de Vries RP、Paulson JC、松野啓太、迫田義博、喜田 宏:Molecular analysis on receptor-binding of H5 influenza viruses to fucosylated α2,3 sialoside(H5インフルエンザウイルスのフコシル化α2,3シアロ糖認識機構の解析)、第63回日本ウイルス学会学術集会、福岡市博多区、福岡国際会議場、2015、11月22日
  10. 五十嵐学:計算科学的アプローチによる人獣共通感染症研究、琉球大学熱帯生物圏研究センター共同利用研究会、沖縄県中頭郡西原町、琉球大学熱帯生物圏研究センター、2015、11月13日(招待)
  11. 五十嵐学、関嶋政和、安尾信明、阿部貴志、渡部輝明、常盤広明、広川貴次、高田礼人:Computational analysis of a conformational epitope of a broadly neutralizing antibody in influenza A virus hemagglutinin、CBI学会2015年大会、東京都江戸川区、タワーホール船堀、2015、10月27日
  12. 三浦信明、五十嵐学:インフルエンザウイルスHAタンパク質のpH依存性構造変化に関する分子シミュレーション研究、第9回分子科学討論会、東京都目黒区、東京工業大学、2015、9月19日
  13. 日尾野隆大、岡松正敏、五十嵐学、McBride R、de Vries RP、Paulson JC、迫田義博、喜田 宏:インフルエンザウイルスのフコシル化α2,3シアロ糖認識機構の解析、第34回日本糖質学会年会、東京都文京区、東京大学、2015、8月1日
  14. 五十嵐学:インフルエンザの制御と計算科学、第9回CBI学会FMO研究会、東京都港区、東京工業大学キャンパスイノベーションセンター、2015、5月13日(招待)
  15. 横田智洋、細沢拓未、石坪江梨花、加藤裕也、五十嵐学、KIRSHNER Karil N、SLIWILAIJAROEN Nongluk、横江弘雅、鈴木康夫、常盤広明、津吹政可:新規マルチターゲット抗インフルエンザウイルス阻害剤の構造活性相関研究(1)、第135回日本薬学会年会、兵庫県神戸市、神戸サンボーホール、2015、3月28日
  16. 加藤裕也、細沢拓未、石坪江梨花、横田智洋、五十嵐学、KIRSHNER Karil N、SLIWILAIJAROEN Nongluk、横江弘雅、鈴木康夫、常盤広明、津吹政可:新規マルチターゲット抗インフルエンザウイルス阻害剤の構造活性相関研究(2)、第135回日本薬学会年会、兵庫県神戸市、神戸サンボーホール、2015、3月28日
  17. 石坪江梨花、細沢拓未、五十嵐学、KIRSHNER Karl N、SRIWILAIJAROEN Nongluk、横江弘雅、津吹政可、鈴木康夫、常盤広明:梅エキス抽出物をリードとした新規マルチターゲット抗インフルエンザ薬の合理的設計開発、第135回日本薬学会年会、兵庫県神戸市、神戸サンボーホール、2015、3月28日
  18. 石坪江梨花、五十嵐学、Karl N. Kirshner、Nongluk Sriwilaijaroen、細沢拓未、横江弘雅、津吹政可、鈴木康夫、常盤広明:食品由来の天然物を先導化合物とした新規マルチターゲット抗インフルエンザ薬の合理的設計開発 第32回メディシナルケミストリーシンポジウム、兵庫県神戸市、神戸国際会議場、2014、11月26日
  19. 吉田玲子、伊藤靖、七戸新太郎、小笠原一誠、日尾野隆大、岡松正敏、迫田義博、喜田宏、Mai Quynh Le、河岡義裕、五十嵐学、鈴木定彦、高田礼人:H5N1 インフルエンザウイルスに対する中和抗体を用いた受動免疫の感染防御効果、第62回ウイルス学会学術集会、神奈川県横浜市、パシフィコ横浜会議センター、2014、11月12日
  20. 米澤弘毅、五十嵐学、小原康夫、伊藤公人:遺伝子配列データをリサンプリングするウェブアプリケーションの構築、第62回ウイルス学会学術集会、神奈川県横浜市、パシフィコ横浜会議センター、2014、11月11日
  21. 石坪江梨花、五十嵐学、Karl N. Kirshner、Nongluk Sriwilaijaroen、細沢拓未、横江弘雅、津吹政可、鈴木康夫、常盤広明:抗インフルエンザウイルス活性を有する天然物の多面性効果に関する高精度in silico解析、第62回ウイルス学会学術集会、神奈川県横浜市、パシフィコ横浜会議センター、2014、11月11日
  22. 岡松正敏、日尾野隆大、五十嵐学、Robert de Vries、西原祥子、高瀬明、James C. Paulson、迫田義博、喜田宏:ニワトリのインフルエンザウイルスはフコシル化および硫酸化α2,3 シアル酸糖鎖をレセプターとする、第62回ウイルス学会学術集会、神奈川県横浜市、パシフィコ横浜会議センター、2014、11月10日
  23. 加藤裕也、細沢拓未、石坪江梨花、五十嵐学、Karl N. Kirshner、Nongluk Sriwilaijaroen、横江弘雅、鈴木康夫、津吹政可、常盤広明:新規マルチターゲット抗インフルエンザ阻害剤の合成研究、第58回日本薬学会関東支部大会、東京都町田市、昭和薬科大学、2014、10月4日
  24. 日尾野隆大、岡松正敏、五十嵐学、西原祥子、高瀬明、迫田義博、喜田宏:ニワトリのインフルエンザウイルスはフコシル化α2,3シアル酸糖鎖をレセプターとする、第33回日本糖質学会年会、愛知県名古屋市、名古屋大学豊田講堂、2014、8月10-12日
  25. 石坪江梨花、五十嵐学、Karl N. Kirshner、Nongluk Sriwilaijaroen、細沢拓未、横江弘雅、津吹政可、鈴木康夫、常盤広明:第一原理計算によるムメフラールとインフルエンザウイルス表面糖タンパク質との理論的相互作用解析、第33回日本糖質学会年会、愛知県名古屋市、名古屋大学豊田講堂、2014、8月10-12日
  26. 日尾野隆大、岡松正敏、五十嵐学、西原祥子、高瀬明、迫田義博、喜田宏:ニワトリのインフルエンザウイルスのヘマグルチニン220 ループの構造がフコース付加α2,3レセプターとの結合特異性を決定する、第28回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム、鳥取県鳥取市、鳥取市総合福祉センターさざんか会館、2014、7月4-6日
  27. 大西なおみ、藤倉大輔、五十嵐学、小川寛人、東秀明:炭疽の制圧を目指した疫学調査と新規ワクチンの開発、第79回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会、北海道札幌市、北海道大学医学部学友会館フラテホール、2014、6月19-20日
  28. 五十嵐学:インフルエンザウイルス蛋白質の計算科学的解析、日本薬学会第134年会、熊本県熊本市、2014、3月27-30日(招待)
  29. 大西なおみ、武藤芽未、藤倉大輔、五十嵐学、東秀明:新規炭疽ワクチン抗原の分子設計、第87回日本細菌学会総会、東京都江戸川区、タワーホール船堀、2014、3月26-28日
  30. 五十嵐学、吉田玲子、関嶋政和、常盤広明、喜田宏、伊藤公人、高田礼人:計算科学的手法を用いたインフルエンザウイルスヘマグルチニンと亜型間交差反応性抗体との分子間相互作用の解析、第61回日本ウイルス学会学術集会、兵庫県神戸市、2013、11月10-12日
  31. 石坪江梨花、Kirshner Karl N、五十嵐学、Sriwilaijaroen Nongluk、鈴木康夫、常盤広明:第一原理計算を用いたインフルエンザウイルス表面糖タンパク質とマルチターゲット医薬リード天然物との高精度相互作用解析、第61回日本ウイルス学会学術集会、兵庫県神戸市、2013、11月10-12日
  32. 好井健太朗、寸田祐嗣、五十嵐学、横澤香菜、境瑞紀、苅和宏明、Michael Holbrook:ダニ媒介性フラビウイルスによる中枢神経系病態に関わるウイルス因子の同定、第61回日本ウイルス学会学術集会、兵庫県神戸市、2013、11月10-12日
  33. 好井健太朗、寸田祐嗣、五十嵐学、横澤香菜、境瑞紀、苅和宏明、Michael Holbrook、高島郁夫:ダニ媒介性フラビウイルスによる中枢神経系病態におけるNS5蛋白の影響の解析、第156回日本獣医学会学術集会、岐阜県岐阜市、2013、9月20-22日
  34. 大西なおみ、武藤芽未、藤倉大輔、五十嵐学、東秀明:De novo designed molecule to develop structure-based vaccine against Anthrax、第12回あわじしま感染症・免疫フォーラム、兵庫県淡路市、2013、9月10-13日
  35. 武藤芽未、大西なおみ、藤倉大輔、五十嵐学、東秀明:新規抗炭疽ワクチンの開発に向けた人工設計タンパク質の作出、第7回細菌学若手コロッセウム、島県三原市、2013、8月7-9日
  36. 田村友和、迫田義博、五十嵐学、Nicolas R、伊藤公人、岡松正敏、喜田宏:豚コレラウイルスの豚に対する病原性に関与するウイルス表面糖蛋白E2の機能解析、第47回日本ウイルス学会北海道支部会夏季シンポジウム、北海道奈井江町、2013、7月20-21日
  37. 大西なおみ、武藤芽未、藤倉大輔、五十嵐学、東秀明:De novo designed molecule to develop structure-based vaccine against Anthrax、第60回毒素シンポジウム、兵庫県宍粟市、2013、7月17-19日
  38. 大西なおみ、武藤芽未、五十嵐学、藤倉大輔、東秀明:炭疽菌毒素の分子立体構造情報に基づいたヒト炭疽予防法の開発、第86回日本細菌学会年会、千葉県千葉市、2013、3月18-20日
  39. 米澤弘毅、五十嵐学、伊藤公人:近隣剪定法によるウイルス遺伝子配列のリサンプリング、第7回日本ゲノム微生物学会年会、滋賀県長浜市、2013、3月
  40. 五十嵐学:計算科学的手法を用いたウイルス蛋白質の解析、感染症若手フォーラム、北海道北広島市、2013、3月
  41. 米澤弘毅、五十嵐学、伊藤公人:近隣剪定法によるウイルス遺伝子配列のリサンプリング、感染症若手フォーラム、北海道北広島市、2013、3月
  42. 米澤弘毅、五十嵐学、伊藤公人:近隣結合法による塩基配列データセットのリサンプリングとその性能評価、人工知能学会 第88回 人工知能基本問題研究会、沖縄県石垣市、2013、1月
  43. 五十嵐学:Characterization of Amino Acid Substitutions on Influenza Virus Surface Proteins: A Computational Structural Biology Research、第35回分子生物学会年会、福岡、2012、12月(招待)
  44. 中尾 亮、邱 永晋、五十嵐学、Joseph W. Magona、周 麗華、伊藤公人、杉本千尋:簡便なリケッチア種の遺伝子鑑別に向けた新しい試み、第5回日本リケッチア症臨床研究会・第19回リケッチア研究会 合同研究発表会、滋賀、2012、12月
  45. 吉田 玲子、Marzi Andrea、宮本洋子、石島麻理、鈴木 定彦、五十嵐学、中山絵里、黒田 誠、Feldmann Heinz、高田礼人:アカゲザルモデルを用いたエボラ出血熱に対する中和モノクローナル抗体の防御効果、第60回日本ウイルス学術集会、大阪、2012、11月
  46. 野依 修、松野啓太、梶原将大、中山絵里、五十嵐学、磯田典和、吉田玲子、高田礼人:フィロウイルス糖蛋白質による宿主細胞表面分子の立体的遮蔽現象の解析、第60回日本ウイルス学術集会、大阪、2012、11月
  47. 五十嵐学、中尾 亮、喜田 宏、高田礼人、伊藤公人:H3N2インフルエンザウイルスHAへの糖鎖付加と周辺アミノ酸残基にかかる選択圧の経時的変化、第60回日本ウイルス学術集会、大阪、2012、11月
  48. 米澤弘毅、五十嵐学、高田礼人、伊藤公人:近隣剪定法によるウイルス遺伝子配列のリサンプリング、第60回日本ウイルス学術集会、大阪、2012、11月
  49. 大西なおみ、藤倉大輔、五十嵐学、武藤芽未、小川寛人、大場靖子、澤洋文、東秀明:De novo designed molecule to develop structure-based vaccine against Anthrax、第11回あわじしま感染症・免疫フォーラム、兵庫県淡路市、2012、9月11-14日
  50. 米澤弘毅、五十嵐学、伊藤公人:近隣剪定法:進化系統樹を利用した配列リサンプリングアルゴリズム、第29回バイオ情報学研究発表会、沖縄、2012、6月
  51. 五十嵐学:計算科学的手法を用いたインフルエンザウイルス蛋白質の解析、感染症若手フォーラム、長崎、2012、2月
  52. 五十嵐学:パンデミックインフルエンザ(H1N1)2009ウイルス・ヘマグルチニンの抗原構造の解析と変異予測への応用、共同利用重点型研究による研究集会 「ゲノム多様性と進化の統計数理」、東京、2011、10月
  53. 五十嵐学、高田礼人、喜田 宏、伊藤公人:H3N2インフルエンザウイルスHAに付加された糖鎖は周辺エピトープを覆い隠していたか?~糖鎖付加部位周辺アミノ酸残基の多様性変化の解析~、第58回日本ウイルス学術集会、徳島、2010、10月
  54. 中山絵里、横山文香、宮本洋子、岸田典子、松野啓太、五十嵐学、Marzi Andrea、Feldmann Heinz、伊藤公人、高田礼人:フィロウイルス種特異抗体検出ELISA 法の開発、第58回日本ウイルス学術集会、徳島、2010、10月
  55. 吉田玲子、苫米地大輔、五十嵐学、宮本洋子、加瀬哲男、喜田 宏、高田礼人:パンデミックインフルエンザA ウイルス(H1N1)ヘマグルチニンに対するモノクローナル抗体の性状解析、第58回日本ウイルス学術集会、徳島、2010、10月
  56. 高田礼人、吉田玲子、五十嵐学、伊藤公人:インフルエンザウイルスの抗原変異予測と亜型間交差感染防御、日本薬学会第130年会、岡山、2010、3月
  57. 五十嵐学、伊藤公人、吉田玲子、喜田 宏、高田礼人:ホモロジーモデリング法による新型H1N1インフルエンザウイルスのヘマグルチニンの抗原構造の解析、第57回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009、10月
  58. 伊藤公人、五十嵐学、村上悌治、喜田 宏、高田礼人:インフルエンザウイルスのヘマグルチニンのMDS解析と変異予測への応用、第57回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009、10月
  59. 内田裕子、真瀬昌司、竹前喜洋、廣本靖明、五十嵐学、伊藤公人、高田礼人、西藤岳彦、津田知幸、山口成夫:愛知県でウズラから分離されたH7N6亜型鳥インフルエンザウイルスの遺伝子解析、第57回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009、10月
  60. 宇佐美克明、松野啓太、五十嵐学、伝田香里、高田礼人、入村達郎:MGL/CD301 を介するエボラウイルス感染増強に関わる表層糖蛋白質の構造的特徴、第82回日本生化学会大会、神戸、2009、10月
  61. 稲波 修、渡辺康子、五十嵐学、伊藤公人、堀内基広、桑原幹典、平岡和佳子:マウスプリオンタンパク質ヒスチジン186周辺の銅イオン結合部位に関する構造解析、第148回日本獣医学会学術集会、鳥取、2009、9月
  62. 伊藤公人、五十嵐学、村上 悌治、喜田 宏、高田 礼人:インフルエンザウイルスのヘマグルチニンの進化解析と変異予測への応用、第11回日本進化学会大会、札幌、2009、9月
  63. 五十嵐学、伊藤公人、高田礼人:インフルエンザウイルスヘマグルチニンの糖鎖付加ポテンシャルの予測、第23回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム、東京、2009、7月
  64. 吉田玲子、五十嵐学、苫米地大輔、尾崎弘一、喜田宏、高田礼人:インフルエンザウイルスHA亜型間交差中和活性を有するモノクローナル抗体、第23回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム、東京、2009、7月
  65. 五十嵐学、伊藤公人、喜田 宏、高田礼人:インフルエンザウイルスHA遺伝子の塩基配列上に潜在する糖鎖付加ポテンシャルの解析、第56回日本ウイルス学術集会、岡山、2008、10月
  66. 五十嵐学、伊藤公人、喜田 宏、高田礼人:Genetically destined potentials for N-linked glycosylation associated with antigenic changes of influenza virus hemagglutinin、第5回日本ウイルス学キャンプ in 湯河原、静岡、2008、7月
  67. 五十嵐学、伊藤公人、喜田 宏、高田礼人:インフルエンザウイルスHA遺伝子の塩基配列上に潜在する糖鎖付加ポテンシャルの解析、第42回日本ウイルス学会北海道支部会夏季シンポジウム、ニセコ、2008、7月
  68. 山田晋弥、五十嵐学、堀本泰介、鈴木 隆、鈴木康夫、河岡義裕:H5N1インフルエンザウイルスの電荷依存的なヒト型レセプター認識、第55回日本ウイルス学会学術集会、札幌、2007、10月
  69. 梶原将大、迫田義博、伊藤壽啓、高田礼人、岸田典子、五十嵐学、磯田典和、曽田公輔、喜田 宏:動物インフルエンザのグローバルサーベイランスと全ての亜型ウイルスライブラリーの構築、第55回日本ウイルス学会学術集会、札幌、2007、10月
  70. 梶原将大、迫田義博、伊藤壽啓、高田礼人、伊藤公人、岸田典子、五十嵐学、磯田典和、曽田公輔、R.G. Webster、喜田 宏:動物インフルエンザのグローバルサーベイランスと全ての亜型ウイルスライブラリーの構築、第144回日本獣医学会学術集会、札幌、2007、9月
  71. 谷口 剛、伊藤公人、五十嵐学、村上悌治、原口 誠:アイテム集合間の相関変化検出によるインフルエンザウイルス遺伝子データの解析、第21回人工知能学会全国大会、宮崎、2007、6月
  72. 谷口 剛、伊藤公人、五十嵐学、村上悌治、原口 誠:インフルエンザウイルスの進化における共変異の変化の解析、第62回MPS研究会(バイオ情報学研究会)、東京、2006、12月
  73. 吉田玲子、五十嵐学、喜田宏、高田礼人:インフルエンザウイルス亜型間交差中和活性を有するモノクローナル抗体の解析、第54回日本ウイルス学会学術集会、名古屋、2006、11月
  74. 五十嵐学、伊藤公人、喜田 宏、高田礼人:A Molecular Modeling Study on Antigenic Drifts of Influenza Virus Surface Glycoprotein, 2006 Annual Meeting of CBI Society, Tokyo, 2006、7月
  75. 五十嵐学、伊藤公人、田地川浩人、玉城英彦:ペプチド―水相互作用系の光イオン化ダイナミクス、日本化学会北海道支部2006年冬季研究発表会、札幌、2006、2月
  76. Chowdhury A.B.M.A.、神田浩路、Eskandarieh Sharareh、宇佐美香織、廣岡憲造、増地あゆみ、五十嵐学、玉城英彦:Role of family ties in perception of sexual behavior and knowledge about STIs among school students in Sapporo, Japan、第19回日本エイズ学会学術集会・総会、熊本、2005、12月
  77. 神田浩路、Chowdhury A.B.M.A.、Eskandarieh Sharareh、宇佐美香織、廣岡憲造、増地あゆみ、五十嵐学、玉城英彦:札幌市における若者の性感染症に対する意識調査、第19回日本エイズ学会学術集会・総会、熊本、2005、12月
  78. 増地あゆみ、玉城英彦、五十嵐学:感染症のリスクに対する認知の調査 ―大学生を対象として―、北海道心理学会第52回大会、札幌、2005、10月
  79. 作原ひとみ、間島勇三、五十嵐学、玉城英彦:札幌市立高等学校生における性の意識・実態調査 2004年、第64回日本公衆衛生学会総会、札幌、2005、9月
  80. 五十嵐学、田地川浩人、石橋輝雄、玉城英彦:水和ペプチドクラスターの光イオン化ダイナミクス:A direct ab-initio trajectory study、日本化学会北海道支部2005年冬季研究発表会、札幌、2005、2月
  81. 五十嵐学、Gino C. Matibag、玉城英彦、BSE Safety Standards: An Evaluation of Public Health Policies in Japan, Europe, and USA、第56回北海道公衆衛生学会、札幌、2004、11月
  82. 間島勇三、五十嵐学、石山恵美、宇野淑恵、大村亜紀、奥村芳子、柿崎美穂、国奥強、武田美友紀、花井直人、松村奈々、玉城英彦:地域在住高齢者におけるソーシャルサポートと健康との関連、第56回北海道公衆衛生学会、札幌、2004、11月
  83. 間島勇三、廣岡憲造、五十嵐学、玉城英彦:道民の性意識とジェンダーとの関係(2):インターネットモニターシステムを用いた試み、第63回日本公衆衛生学会総会、島根、2004、10月
  84. 五十嵐学、田地川浩人、西平順、石橋輝雄:アセチルコリンエステラーゼの酵素触媒メカニズム(II)、日本化学会北海道支部2004年冬季研究発表会、札幌、2004、2月
  85. 五十嵐学、田地川浩人、西平順、石橋輝雄:アセチルコリンエステラーゼの酵素触媒メカニズム:理論的研究、2003年分子構造総合討論会、京都、2003、9月
  86. 五十嵐学、田地川浩人、石橋輝雄:水和された生体内ペプチド鎖への光照射効果:理論的モデリング、日本化学会北海道支部2003年冬季研究発表会、札幌、2003、2月
  87. 五十嵐学、田地川浩人、石橋輝雄:OHによる生体内SN2反応ダイナミックス(II)、2002年分子構造総合討論会、神戸、2002、10月
  88. 五十嵐学、田地川浩人、石橋輝雄:水和されたペプチド鎖のイオン化ダイナミックス:Direct ab-initio dynamics法による理論的研究、第18回化学反応討論会、新潟、2002、6月
  89. 五十嵐学、田地川浩人、石橋輝雄:生体内SN2反応の理論的モデル化、日本化学会北海道支部2002年冬季研究発表会、札幌、2002、2月
  90. 五十嵐学、田地川浩人、石橋輝雄:OHによるSN2反応ダイナミックス、2001年分子構造総合討論会、札幌、2001、9月
  91. 五十嵐学、田地川浩人、石橋輝雄:SN2反応に関する理論的研究、日本化学会北海道支部2001年冬季研究発表会、札幌、2001、2月
  92. 五十嵐学、田地川浩人:SN2反応ダイナミックス:A direct ab-initio dynamic Study、2000年分子構造総合討論会、東京、2000、9月
  93. 山田義久、五十嵐学、田地川浩人:環状ポリシランの励起状態ダイナミックス、1998年分子構造総合討論会、松山、1998、9月
  94. 五十嵐学、田地川浩人:Direct ab-initio dynamics法によるSN2反応の理論的研究、1998年分子構造総合討論会、松山、1998、9月
  95. 五十嵐学、田地川浩人:SN2反応ダイナミックス、第14回化学反応討論会、東京、1998、5月
  96. 小泉均、五十嵐学、深村真史、市川恒樹:アルキル芳香族カチオンラジカルからのプロトン移動速度、第41回放射化学討論会、熊本、1997、10月
  97. 五十嵐学、田地川浩人:FによるSN2反応への溶媒効果、第21回フッ素化学討論会、札幌、1997、10月
  98. 五十嵐学、田地川浩人、市川恒樹:ベンゼン-水クラスターの光イオン化に伴うダイナミックス、1997年分子構造総合討論会、名古屋、1997、10月



競争的資金(代表のみ)

  1. 2017年度~2019年度
    AMED 感染症研究革新イニシアティブ(J-PRIDE)
    「立体構造情報を活用した高病原性ウイルスの蛋白質機能探索」、4,350万円
  2. 2017年度~2019年度
    科学研究費補助金 基盤研究(C)
    「計算科学的手法を用いたインフルエンザウイルス中和抗体の抗原認識能の改変」、494万円
  3. 2013年度
    秋山記念財団 研究助成(奨励)
    「インフルエンザウイルスと亜型間交差反応性抗体の相互作用解析と薬剤設計への応用」、50万円
  4. 2013年度~2016年度
    科学研究費補助金 基盤研究(C)
    「インフルエンザウイルス亜型間交差反応性抗体の抗原認識機構の計算科学的解析と応用」、520万円
  5. 2011年度~2012年度
    日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究(B)
    「インフルエンザウイルスと抗体の相互作用の解析と抗原変異予測への応用」、455万円
  6. 2009年度~2010年度
    文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)
    「インフルエンザウイルスの抗原変異に伴う立体構造変化の解析」、468万円
  7. 2007年度~2008年度
    文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)
    「計算科学的手法を用いたインフルエンザウイルスヘマグルチニンの構造変化解析」、364万円
  8. 2001年度~2003年度
    日本学術振興会 特別研究員奨励費
    「量子動力学シミュレーションによる神経伝達物質とレセプターとの相互作用の解明」、300万円

アクセスカウンター

Designed by CSS.Design Sample